FC2ブログ

新年も早7日です。七草粥について語ってます。

昂明です。

今日は、1月7日と言うことで七草粥を食べる風習があります。

朝、食べましたか!と言ってももし独り暮らしの方ですと、朝は出勤などで

忙しくて作ったり、食べたりしている時間がないかもしれませんね。

家族で住んでいる方ですと、食べれる機会があると思います。

七草には、春の七草と秋の七草とがあります。

正月の7日に食べる七草は、春の七草で、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベ、ホトケノザ

スズナ、スズシロの七草を言います。

この時期、七草の種類を覚えようとしたことはありませんか?

私も、子供の頃、特に小学生の頃なんかは、ゴギョウやハコベと言った言葉が出てこなかった

ことを今でも鮮明に覚えています。

今日の朝も、7種類~さぁっと出てきませんでした。

とにもかくにも、これをお粥にして食べます。中にはおもちを入れたりすることもありますが、

我が家では、おもちを入れずに、シンプルにお粥にして食べています。

おそらく、地域によっては、お粥に入れる物や味付け、七草の呼び名が違ったりするかもしれません。

これらは、7種類の若菜を食べて、邪気を避けようとする中国の風習として

存在していたそうで、中国大陸からの影響を受けたのでしょう!

わが国でも、平安時代初期には、無病息災・長寿を願って若菜をとって

食べることが行われていたようです。

但し、今の七草粥の原型は、室町時代以降だといわれています。

正月7日は、古くから人日(じんじつ)とも言われ、江戸時代には五節供

の一つにあてられていたとのことです。

五節供とは、宮廷で行われていた1年の節目となる節句のお祝いをさし、

他には、“ 桃の節句 ” “ 端午の節句 ” “ 七夕の節句 ” 

“ 重陽の節句 ” があります。

この七草、今ではスーパーなどでセットで売られてますし、それにだんだんと

七草粥を食べる習慣も希薄になっているかもしれませんね。

この七草粥を食べると、万病の予防になると言われています。

お正月でのお酒の飲み過ぎ、食べ過ぎで、疲れた胃腸を回復させるには

打ってつけの食材ではないでしょうか!






このブログは、ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。


日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村

















スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

昂明です

Author:昂明です
こんにちは!昂明と申します。
様々な問題について四柱推命、
中国風水、奇門遁甲、五行易、
梅花心易、にて解読・鑑定
及び心理カウンセラーとして、
占術を絡めたカウンセリングに
よる取り組みも行っております
どうぞ、お気軽にご相談ください。
オフィスさくら 代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: