FC2ブログ

メルカリ12月中間決算 営業・経常・純損益すべて赤字! 明日の易占(指針・心構え)

昂明です。

企業業績として目にした出来事として、

フリーマーケットアプリ大手のメルカリが、

平成30年12月の中間決算で、売上高が237億円、

営業損益が36億円の赤字、経常損益が36億円の赤字、

そして、最終損益の純損益が44億円の赤字だったとのことで、

え~って思っちゃいますよね。

国内のフリマアプリ事業の流通総額が、45.3%増の2,280億円となり、

決済に応じて受け取る手数料収入が拡大したとのことですが、

しかし、最終損益の純損益が44億円の赤字(前年同期は31億円の赤字)。

アメリカ事業の拡大とスマートフォン決済への先行投資事業拡大のための

投資費用がかさんだとする、その理由を挙げてますが、

ここで問題視しないといけないのが、本業のもうけを示す営業損益が36億円の赤字。

現状は、国内フリマ事業44億円の黒字確保に助けられた状況ではありますが、

国内事業に陰りが見えてくれば、当然戦略の見直しに迫られるでしょう。

リアルな事業はもちろん、ネット事業においても、

損益計算主義の戦略は拡大路線が主流で、売上至上主義に陥りやすく、

そのため、資金繰りに窮し、資金ショートを繰り返し、挙句の果ては

規模の縮小や戦略の見直し、場合によっては撤退も…

事業戦略としては、選択と集中という戦略と、どう戦うのかの戦術

をも含めたきめの細かさがより重要になるのではないでしょうか!

メルカリの事業展開について上記の記事を書き終えた後に

占卦を立てたところ、三澤損 三爻変がでました。

いずれ軌道修正を迫られるのかもしれませんね。


本日の易占(指針・心構え)

山澤損 三爻変

易経では「孚(まこと)あれば、元吉にして、咎無し」とあり、良い卦ではあります。

「往くところに利あり、なにをかこれを用いん」とあり、行動することによって道が開けると指示しています。

しかし、「損」のイメージから、「減少」「減らす」「損害」と悪い意味で捉えられがちですが、

減らす、減少することで幸運をつかめることを示しているのです。

状態の良い時には減少よりは、増加・増大を我々は望みます。

しかし、イケイケの前進一本やりではうまくいかないことがあります。

状態が良くない、好ましくないことは減じることを望みます。

ここは、大いなる目的のためには小欲を捨てるとか、目先の利益を捨てて

遠い将来を見据えての施策を考えるなどに目を向ける時と示唆しているのです。




私自身の指針・心構えとして占的しています。
ご参考になればと思います。



このブログは、ランキングに参加しています。よろしければクリックをお願いします。


日々の出来事ランキング

にほんブログ村 その他ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

昂明です

Author:昂明です
こんにちは!昂明と申します。
様々な問題について四柱推命、
中国風水、奇門遁甲、五行易、
梅花心易、にて解読・鑑定
及び心理カウンセラーとして、
占術を絡めたカウンセリングに
よる取り組みも行っております
どうぞ、お気軽にご相談ください。
オフィスさくら 代表

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: